「ほっ」と。キャンペーン
リマスターを考える
c0059851_16354054.jpg最近、貰った邦楽コンピに「ドリフのズンドコ節」が入ってて、割とヘヴィロテ中です。初めてCDでちゃんと聴いたんですが、意外にも結構カッコいいんですよ。

「ズンズンズンズンズンズンドコ」のとこのスネア&キック四つ打ちとか凄い迫力あるし、音圧高いし。あと間奏のとこでメンバーがアドリブで「yeahhhh」とか「wooooo」とか叫びまくるんですが、これがビートルズの「ボーイズ」を彷彿とさせる勢いで、さすがに前座を務めただけのことはあるなあ、とか思ったり(とはいえ、演奏はスタジオミュージシャンだと思いますが)。

このCD、最近発売されたのですが、気になったのは「本当に65年の発売当時もこんなに音圧高かったのかいな」ということです。これはリマスター時にEQとコンプで今風の音に改変されているのではないか、と。

c0059851_1636199.jpgというのもですね。数年前に「WONDERFUL DAYS」「GREATFUL DAYS」というRCサクセションのベスト編集盤が出たんですが、このリマスターに俺は若干の不満を覚えているのです。

特に「トランジスタ・ラジオ」とか「ステップ!」辺りの80年前後のブレイク時の曲に顕著なんですが、ベースとキックが強調されて、凄い音圧が高いんですよ。これが僕には気に入らない。

リアルタイマーの僕からすると、ブレイク時のRCって、アナーキーとかモッズとかと同じような「パンク&ニューウェイヴ」の流れで捉えられていた思うし、RCも『Please』『EPLP』辺りだと、今イメージされるような「ヘヴィなロックンロール」というよりも、パンク的でキッチュなタッチのサウンドだったと思います。

で、このリマスター盤では、そういう80年前後特有のあの「軽さ」がスッパリと削ぎ落とされているような気がするんです。大げさにいうと「これって歴史の改竄なんでは?」などと思ったりする訳です。

でも、初めて聴く人にはリマスター盤の方が入りやすいだろうし、オリジナル盤の音はショボいと感じるだろうし。

うーん。リマスター盤はどうあるべきなのか、オリジナル盤の改変はどこまで許されるべきなのか……ちょっと考えてしまいますね。

という訳で、「聴き比べたいから、UKオリジナル盤に忠実なビートルズのモノラルリマスターを早く出せよアップル!」というのが今回の結論です。
[PR]
# by tablerecords | 2008-02-25 16:38 | others
2007年プレイ回数ベスト20〜その2〜
c0059851_18381570.jpg・Don't Tell Me You Love Me/ナイト・レンジャー
高校の時にコピーした懐かしメタルです。この曲名を見て、すぐに「ああ、『Zokkon命』の元ネタのアレな」と思った人は僕と同世代人です。今度一緒に飲みに行きましょう。

・Change The World/エリック・クラプトン
図書館で借りてきた物件。十年以上ずっとベイビーフェイスが作曲者だと思っていたんですが、クレジットを見てちょっと驚きました。「TOMMY SIMS/GORDON KENNEDY/WAYNE KIRKPATRICK」の3人だということです。ベイビーフェイス作曲だと思っている人も多いかと思いますが、これ、豆知識ということで。ちなみに世界革命の歌でもありません。

・戦国自衛隊のテーマ/松村とおる
・人間の証明のテーマ/ジョー山中
この2曲は同時紹介。11月頃、ツタヤでうっかり『角川映画スペシャル』なるコンピレーションCDを借りてしまったら、これが大ハマリ。「戦国自衛隊のテーマ(♪サーン・ゴーズ・ダウン)」「人間の証明のテーマ(♪ママー、ドゥ・ユー・リメンバー)」「戦士の休息(♪男は誰も皆 無口な兵士)」の角川三大バラードを繰り返し聴いておりました。その他にも「欲望の街(『白昼の死角』主題歌)」「スローなブギにしてくれ」「時をかける少女」「里見八犬伝」など、角川映画には名曲が多い。最近では、「角川映画は昭和50年代を代表する日本文化なのではないか」などと思っております。次は「復活の日」と「幻魔大戦」が入ってるヤツを借りてこよう。

・花はどこへ行った/ピーター・ポール&マリー
これはiPodの悪戯ですね。そんなに好きな曲ではないのに、シャッフルでたまたま良くプレイされていたようです。中学の英語の授業で聴いた時、とてもいい曲だと思ったのを想い出して借りた図書館物件。が、この曲や「パフ」といったアメリカン・フォークの代表曲も、ジェイムズ・テイラーなどのカントリー・ロックを聴いてしまうと、どうにも物足りなく感じます。逆に言えば、PPMとJTの間には、凄いジャンプアップがあったんだなあ、と実感させてくれた曲でもありました。

・Run, Baby, Run/シェリル・クロウ
自転車脳の僕には、すでに「ランス(・アームストロング=ツール・ド・フランス7連覇の偉人)の元恋人」という印象しかない訳ですが。シェリル・クロウは04年のツール・ド・フランスDVDで「自転車競技はストーンズ全盛期のロックよ」と発言していて、それを聞いて以来、僕は彼女を「世界の真実を知っている奴リスト」に入れました。で、音楽の方ですが、シェリル・クロウってもう少し先鋭的な人だと思っていたら、この曲は「メインストリートのならず者」的な、アメリカ南部の乾いた感じ。カントリー・ロック進化系の良曲です。

・霧雨の朝突然に…/バンバン
これは僕の初恋曲かもしれないです。小学生の頃ラジオで耳にして、それ以来ずっと「あれは誰の何の曲だったのだろう」と思っていたのですが探す術もなく。で、ふと思い立ってサビの歌詞でググってみたところ、この曲だということが判明、というインターネット時代らしい再会を果たしました。「『いちご白書』をもう一度」に続く、ユーミン作曲の第二弾だったんですねえ。ちなみに、サビのメロディはドヴォルザークの「ユモレスク」まんまです。これも豆知識ということで。

という訳で振り返ってみた07年、年末に大ハマリした角川映画音楽の余韻がいまだ醒めてません。出来るだけ「懐かしモノ」の世界には行きたくないんですが……。
[PR]
# by tablerecords | 2008-01-11 18:44 | others
2007年プレイ回数ベスト20〜その1〜
c0059851_0523343.jpg毎年やってますが、iPod&iTunesの再生回数で振り返る2007年ベスト20曲。下記のリストは、07年12月31日現在「07年にライブラリに追加された曲」(つまり僕にとっては昨年の新曲)の中で、再生回数が多いベスト20曲です。ただし、1アーティストにつき1曲(そのアーティストの最上位曲)だけをピックアップしました。こうしないと、アルバム単位で聴き込んだジム・オルークとベイビーフェイスの独壇場になってしまい、面白くないので。

01 恋☆カナ/月島きらり starring 久住小春(モーニング娘。) 111回
02 Love Comes To Everyone/ジョージ・ハリスン 75回
03 Whatever/オアシス 67回
04 宝の箱/モーニング娘。 58回
05 Fire And Rain/ベイビーフェイス 56回
06 All Downhill From Here/ジム・オルーク 42回
07 翳りゆく部屋/荒井由実 41回
08 スマイルズ・アンド・ティアーズ/田中宏和・鈴木慶一 38回
09 ジュビリー/くるり 29回
10 Real Love/ジョン・レノン 27回
11 Don't Tell Me You Love Me/ナイト・レンジャー 25回
12 Change The World/エリック・クラプトン 23回
13 Africa/TOTO 23回
14 宙船(そらふね)/TOKIO 22回
15 Komm,susser Tod / 甘き死よ、来たれ/ARIANNE 22回
16 戦国自衛隊のテーマ/松村とおる 22回
17 花はどこへ行った/ピーター・ポール&マリー 20回
18 人間の証明のテーマ/ジョー山中 20回
19 Run, Baby, Run/シェリル・クロウ 19回
20 霧雨の朝突然に…/バンバン 19回

「この前『ロックの初期衝動』とか言っといて、1位がそれかよ!」という気は自分でもしますが。ということで、ブログで触れなかった曲をここでご紹介してまいります。

・恋☆カナ/月島きらり starring 久住小春(モーニング娘。)
ちょっと言い訳しますとですね、アイドルポップは聴いていて疲れないから、自然に再生回数が伸びる訳なんです!(ちょっと伸び過ぎましたが) それにしてもこの曲は、子供向けアニメ主題歌というだけあって、わずか3分の間のジェットコースター的展開が面白すぎる。作曲は織田哲郎。この曲にハマっていた頃、ブログのコメント欄で密かにこんなやりとりもしておりました。

・Whatever/オアシス
ベタながら、春頃にオアシス・ブームが来てしまい、アルバム未収録のこのシングルを借りてしまいました。曲については、もう素晴らしい名曲としかいいようがありませんが。この人のVoを聴いていると、「ボブ・ディラン→ジョン・ライドン→リアム・ギャラガーというヴォーカル歴史観はアリだろうか」などと考えてしまいます。

・宝の箱/モーニング娘。
この曲は07年発売のアルバム収録曲なのですが、「ゴージャス青春フォーク」といった趣で、今までのモーニング娘。の文脈を踏み外した傑作となっております。想像ですが、この曲には、つんく氏はほとんど関わっていないんじゃないかな、と思います。要するに、全然モ娘。らしくない。その想像を裏付けるかのように、コアなファンの投票による「ハロプロ楽曲大賞2007」では、まさかの101位。これだけの良曲でも、ファンには受け入れられなかったんですね。意外でしたが、前述の理由で、「やはり」とも思いました。

・翳りゆく部屋/荒井由実
近くの図書館でCDが借りられるのを知り、発見した荒井由実時代のベスト盤収録。ブログでは書きませんでしたが、独り隠れてユーミン聴きまくってました。松任谷になってからはよく分からないのですが、荒井由実時代はかなりサウンドが凄いです。凄いんでググってみると細野晴臣先生が絡んでいてビックリしたり。でも、僕の脳内ライブラリーには存在しない質感の音なんですよね、荒井由実って。この曲もそう。ルーツが見えなくて、面白いです。本当はこの曲よりも「さざ波」が最強だと思っています。

続きはまた次回ということで。
[PR]
# by tablerecords | 2008-01-09 01:05 | others
「ロックの初期衝動」について、自己解決
昨日、「サンプリング&打ち込みでひねくり回した音響の方にこそ、音楽に対する原始の衝動を感じてしまう」と書いたんですが、一日考えて、なんとなく答えらしいものが出ました。

サンプリングした音をコンピュータで切り貼りする、って今の時代では当たり前の音楽制作の手法だと思うんですが。

こういう方法だと、「ミュージシャンの脳内で鳴ってる音」に限りなく近いサウンドを創作することが出来ると思うんですよ。バンドのコミュニケーションとか、その手のプロセスを経るよりも遙かに忠実に。

だから、ジム・オルークとかコーネリアスみたいな宅録的なアーティストは、彼ら自身の脳内サウンドがそのままレコーディングされていて、そこに俺は「音楽に対する初期衝動」みたいなものを感じているのではないかなあ、と。

という訳で、とりあえず自己解決しました。お騒がせしました(笑)。
[PR]
# by tablerecords | 2007-12-13 23:22 | オルタナティヴ
ロックの初期衝動
c0059851_1839372.jpg07年も暮れようとしておりますが。今年もっとも愛聴したアルバムといえば、これ。

『インシグニフィカンス/ジム・オルーク』

昔、「パンクっぽいエレクトロニカが好き」みたいなことを書きましたが、まさにこのアルバムがそれでした。求めている音楽というのは、探せばあるものだなあ、という感慨すら抱いたほど。とにかく1曲目「All Downhill From Here」が凄い。

この曲をはじめ、楽曲自体は荒々しいディストーション・ギターと生々しいリズムトラックで、「ロックの初期衝動」に突き動かされてる感じなのですが、実は様々なサンプリング音をコンピュータで切り貼りしまくって再構築してあります。サウンドはメチャクチャ緻密です。

c0059851_18392047.gifこのアルバムは「ポストロック」というカテゴリに分類されるらしいのですが、ポストロックといえば、去年聴いたトータスの『TNT』も素晴らしかった。特にタイトル曲のギターリフの音は、脳味噌の中をグォーンと響き渡り、かなり衝撃を受けました。こちらも、リズムトラックなどがコンピュータで再構築された音楽らしいのですが、原始の響きを感じます。

この二枚を聴きまくって思うんですけどね。21世紀の今となっては、「ロックの初期衝動」というものは、こういう風に「サンプリング&打ち込み&コンピュータによる再構築」という、ひねくれたプロセスがないと表現できないんじゃないか、と思ってしまうんです。

ピストルズの時代だったら、ディストーション・ギターをガーンとかき鳴らしてそれが最高だった訳だし、テレヴィジョン(というNYパンクバンド)の1stだってバンドの一発録音で、そこが魅力的なサウンドだった。

でも、やっぱ今から出てくる新譜で、そういうシンプルなギターバンドの生演奏から、ロックの初期衝動的な感動を得られるか、というと、そうはいかない気がするのです。

そうではなく、こういうサンプリング&打ち込みでひねくり回した音響の方にこそ、音楽に対する原始の衝動を感じてしまう。これは僕個人の受け止め方にすぎないのかもしれませんが……。

ただ、「シンプル・イズ・ベスト」なんて言ってられる時代ではない、ということは確かだと思います。
[PR]
# by tablerecords | 2007-12-12 18:44 | オルタナティヴ
K-Ci & JoJoの新譜
前回に引き続き、黒人歌手によるカヴァー集のお話しですが……。本日、2ちゃんにて次のような新譜情報を得ることができました。以下引用。ソースはこちら

K−Ci&JOJOとFORMULAは、アルバム制作契約し、一昨年、BOYZⅡMENで、僕がプロデュースした日本HIT曲カバーアルバム「WINTER/RIFRECTION」第2弾を、来年2月(予定)に発売します。
すでに、レコーディングに入っており、順調に進んでいます。
「ただ、、逢いたくて」「雪の華」「瞳をとじて」「Winter song」などなど、今回も、HITバラードを、カバーします。
もちろん、オリジナルソング新曲も入っております!
K−Ci&JOJOの素晴らしい歌声と、日本のメロディーが、本当に良くマッチしています。出来上がりが、楽しみです。


・・・

もうアメリカ本国では全然相手にされていないのだろうか……。

心の底から凹みました。新譜情報でこんなに悲しい思いをしたのは生まれて初めてです。
[PR]
# by tablerecords | 2007-11-29 18:34 | Black Music
ベイビーフェイス『プレイリスト』
c0059851_1753337.jpg前回のR&Bについてのエントリーを書いた後、ベイビーフェイスの最近の動向をネットで調べていると、つい最近、カヴァーアルバム『プレイリスト』を出したという情報を入手。「どんな曲をカヴァーしているのかな?」と、さっそくアマゾンで曲目をチェック、1曲目と2曲目を見て「あ゛ーっ!!!」と声が出そうになりました。

1曲目「愛の恵みを(シャワー・ザ・ピープル)」
2曲目「ファイア・アンド・レイン」

どちらも70年代に活躍した白人のシンガーソングライター、ジェイムズ・テイラーの作品です。先ほどの驚きは、「何で今まで俺は、ジェイムズ・テイラーとベイビーフェイスの共通点に気付かなかったんだろう?!」という悔しさが半分以上含まれています。

僕はベイビーフェイスの黒人にしては抑制的なヴォーカルがとても好きで、非常に心地よく感じるのですが、その心地よさはジェイムズ・テイラーと同質のものなんですよね。

大体、あの「When Can I See You」なんかジェイムズ・テイラーの影響なしでは有り得ないサウンドだし、96年のソロアルバム『ザ・デイ』はとても私的な内容で、それもシンガーソングライター的なビヘイビアであったのだなあ、と。本当になんで気付かなかったんだろう。

で、この2曲が入っている、というだけで購入決定。レンタル解禁の1年後まで待てません。何と今年初めて買ったCDです(今は基本的に全部レンタルで済ませてます。一度リッピングしたらもうCDは用済みですから)。

他にもクラプトンの「ワンダフル・トゥナイト」とかディランの「天国への扉」とかも入ってるんですが、さっそく聴いてみるとですね……もう、発狂しそうなくらい素晴らしいです。特に、「ファイア・アンド・レイン」のヴォーカルはベイビーフェイス節が炸裂した絶品。

全編アコギ弾き語り+アルファという感じなので、全てのR&Bファンにお薦めできる訳ではありませんが、全編「When Can I See You」に近いサウンドですから、ベイビーフェイスのファン、という方には強く推奨できる内容です。

これを聴いていると、もう音楽が「黒い」とか「白い」とかいうのが、心底どうでもよくなります。ただもう、アメリカのポピュラー音楽の懐の深さを感じるばかりです。
[PR]
# by tablerecords | 2007-10-30 17:07 | Black Music
R&Bの死
c0059851_152649.jpg80年代の終わり頃『リズム&ブルースの死(著:ネルソン・ジョージ)』という本が出版されました。60年代のソウルミュージック(モータウンやスタックス)の隆盛を描いた作品で、60'sソウルを讃えた後に著者は「黒人の社会的地位が上昇するのと反比例して黒人音楽がつまらなくなる」と嘆きます。本のタイトルはその嘆きを表したものです。僕も当時ふんふんと頷きながら読んでました。

ところが。著者の予言は完全に外れます。

R&Bは死ぬどころかその直後の90年代、奇跡の黄金期を迎えました。少なくとも僕はそう思う。テディ・ライリーのニュージャック・スウィング〜メアリーJ・ブライジのヒップホップ・ソウル〜ジョデシィ、ボーイズIIメンらの男性コーラスグループの大流行……。

特に、ヒップホップとヴォーカルものが明確に分化し、打ち込み手法が完全に黒人ミュージシャンの血肉と化した90年代後半〜00年くらいまでのR&Bは、本当に何を買っても外れなし状態でした。今、その頃のR&Bがちょっとしたマイブームです。

しかし。

今のR&Bは勢いが無いような印象を受けます……。って僕は03年以降すっかりR&Bから遠ざかっているのですが、最近加入したスカパーの音楽チャンネルでヒットチャートを眺めていると、R&BテイストのJ-POPがほとんど目立たないんですよね。90年代のJ-POPなんてSPEEDをはじめ、R&B風アレンジが溢れていたのに。

スペースシャワーに加入した5月頃にプッシュされていたリア・ディゾンの「恋しよう♪」って曲が僕は好きで、iTSで買っちゃったくらいなんですが、この曲がR&Bぽくてなかなか良く出来ているんです。全盛期の宇多田ヒカルっぽくて、当時彼女の曲として発表していたら余裕でミリオン売れてただろうなって感じですが、残念ながらやはり時流と若干ズレているのか、あまり話題になりませんでしたね。

また、一年前、大好きなシンガーであるK-Ciのソロアルバムを購入したのですが、これには正直「停滞感」を感じてしまい、寂しくなりました。ある意味、王道なんだけれど、良くも悪くも96〜8年くらいのままで止まっている、というか。「最近のR&Bは、大体こんな感じなのかな」と、ツタヤに入ってもR&Bに触手が伸びないこの頃です。

という訳で、J-POPシーンと、この一枚をもって「R&Bの停滞」を語る危険は承知しておりますが、それでも、ブラックミュージックはこの先、何か驚くような新しい手法を持ち込んで、シーンを引っかき回すことになると思う。今までのポップミュージックの歴史を振り返ると、そういうことになる、はず。

(すみません、リア・ディゾンのことを書くはずが、いつの間にかここまで風呂敷が広がってしまいました……)
[PR]
# by tablerecords | 2007-10-19 01:07 | Black Music
ビートルズ ライヴ - 1994
この前、2ちゃんねるでこんなのを見つけました。

The Beatles (LIVE-1994)
c0059851_5463834.jpg


フリー・アズ・ア・バード
http://jp.youtube.com/watch?v=X_YQ9ROp4lE


リアル・ラヴ
http://jp.youtube.com/watch?v=DJo_YEbiBv8


もちろん映像コラージュの仮想ライヴ。素面で見た時は大丈夫でしたが、夜中に飲みながら見てたら、目から汗が止まらなくて困りました。
[PR]
# by tablerecords | 2007-10-12 04:50 | UK Rock
ビートリー
ちょっと更新が途絶えていた間、ヘヴィロテだったのは、ビートリーな(ビートルズっぽい)雰囲気の次の2曲。

-------------------------

c0059851_15362037.jpg■ジュビリー/くるり
この夏に出たアルバム『ワルツを踊れ』からシングルカットされた曲。最近、ツール・ド・フランスを見るためにスカパーに加入したのですが、音楽チャンネルでヘヴィロテだったこの曲にグッと惹かれて、ツタヤに並ぶと同時にレンタル。

いやー、この「ジュビリー」、5年に1曲に出るか出ないかってくらいの大名曲ですね。美メロに被さったオーケストラ、非ダンス系&いい感じで遊んでるドラム、アウトロのサイケさ……僕が考える「ビートリー」という概念を具体化したような曲です。ビートルズ・ファンにはマジおすすめ。

c0059851_15363622.jpg■Komm,susser Tod(甘き死よ来たれ)/ARIANNE
97年の劇場版『エヴァンゲリオン』のエンディングテーマらしいのですが、僕にとっては、2ちゃんねる閉鎖の危機をUNIX板の人々が救った事件を描いた感動的なフラッシュのBGMといった方がピンときます。最近、ようやくiTSで見つけて買えました。

これはネット上では良く「『ヘイ・ジュード』に似てる」というレビューを見かけますが、どうなんでしょうか。

僕はこの曲の2年前に発表された「フリー・アズ・ア・バード」の影響が大きいのではないか、と思いましたね。楽曲自体は全然似てませんけど。スネアの音色が異様に似てます。97年という、スネアの音質/音量が最も軽かった時期に、この重いスネア。これは完全に「フリー・アズ・ア・バード」を意識していると思う。あと、時折入るスライドギターっぽい音色も。

-------------------------

「ビートリー」って言葉、僕は何気に使っちゃいますけど、微妙ですね。先ほど「ジュビリー」の時に書いたように、僕がビートリーだと思う曲ってのは、

■ドラムがダンスミュージック寄りではない
■タムとスネアの回し方/遊び方がリンゴっぽい
■三声以上のコーラスワーク
■ロックな楽曲にオーケストラがサイケ的に上手くかぶさっている

……という感じなのですが、こういう定義だと、むしろ「オアシスっぽい」と言った方が早いかもしれない、という逆転現象が起こってますね。

そういう観点から、ビートルズの中で最もビートリーな曲だと思うのは(オーケストラは入ってないけれど)、「レイン」です。
[PR]
# by tablerecords | 2007-10-05 15:37 | J-POP



音楽について幅広く語りたいblog
by tablerecords
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
カテゴリ
以前の記事
プロフィール&管理人関連リンク
ここで偉そうなこと言ってるヤツがどんな音楽をやっているのか……Table Recordsのサイトにぜひ一度訪れてみてください。

Table Records

旧音楽日記
04/2/25〜05/2/15までここで日記をつけてました。




昨日

今日

最新のトラックバック
やっぱ質は落とせないっし..
from 宇宙規模の団長
なぬーーーーー!!!!
from あぶらだ
ビー!ビー!ビー!
from 世界の師匠
うっっっほっほっっ!
from どう見てもゴリラ
これなんて錬金術??
from クリトリーズ
しゅおおぁあああ!!!!!
from さとすぃ
男だけど潮ぴゅっぴゅした..
from ゴリラーノ
金払って風 俗って(^ω^;
from いいぱんこ
ちょおおww 皮www
from けんじ
ムラムラ村!!!!
from インパクトある中年
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism