一曲だけ選ぶ
友人のブログで、「1曲だけ選べ」っていうテーマの文章が書かれてるのを読んで、こんなブログをやってる僕としては、思わず考え込まざるを得ませんでした。レコガール風に言うと「つ、ついに来た!! 『無人島レコード質問され日』が!!」という感じですが、アルバムどころか曲単位の話ですからねえ。アルバム一枚選ぶんだったら、十秒くらい考えるふりをして「……やっぱり……『リボルバー』……か、な……」って答えることに決めてるんですが。
c0059851_1742325.jpg

さて「1曲だけ選べ」の意味が、「自分史にとって最重要曲」ならば、あっさりRCサクセションの「わかってもらえるさ」で確定です。アルバム『EPLP』一曲目のこの曲にシビれた瞬間からRC信者となり、その結果、リスナーとしては「リアルタイム追いかけ系」ではなく「過去の音源発掘系」の道を選ぶことになったのですから、これはもう人生を変えた一曲、といっても全然過言ではありません。

c0059851_20122133.jpgが、そうした意味を含めなければ、1972年のこの作品。オージェイズの「ラヴ・トレイン」。これに決まりです。リズム、メロディ、ヴォーカル、サウンド、そのすべてが満点なんですから。十年前に初めて聴いた時に感じた高揚感を、いつでも感じられる曲。

評論家風に言うと、フィリーソウルの代表曲というばかりでなく、ブラックミュージックが巨大なカルチャーになっていく、その瞬間を捉えた永遠の名曲。更に、このキック四つ打ちのスタイルがディスコ〜ハウス〜クラブミュージックという大きな潮流の原点になっている意味でも、ポピュラー音楽史的に重要な一曲です。

では、アマゾンの試聴はこちらからどうぞ!
[PR]
by tablerecords | 2005-03-17 17:44 | Black Music
<< 「四つ打ち」の根は深い 大物ロックミュージシャンとデジ... >>



音楽について幅広く語りたいblog
by tablerecords
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
プロフィール&管理人関連リンク
ここで偉そうなこと言ってるヤツがどんな音楽をやっているのか……Table Recordsのサイトにぜひ一度訪れてみてください。

Table Records

旧音楽日記
04/2/25〜05/2/15までここで日記をつけてました。




昨日

今日

最新のトラックバック
やっぱ質は落とせないっし..
from 宇宙規模の団長
なぬーーーーー!!!!
from あぶらだ
ビー!ビー!ビー!
from 世界の師匠
うっっっほっほっっ!
from どう見てもゴリラ
これなんて錬金術??
from クリトリーズ
しゅおおぁあああ!!!!!
from さとすぃ
男だけど潮ぴゅっぴゅした..
from ゴリラーノ
金払って風 俗って(^ω^;
from いいぱんこ
ちょおおww 皮www
from けんじ
ムラムラ村!!!!
from インパクトある中年
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism