白人ブラック
c0059851_1435727.jpg前回あんなことを書いたせいか、ふと思い立って、iTunesで「白人ブラック」というプレイリストを作ってみました。黒人以外でブラックミュージックを感じる曲って意味です。

君の友だち/キャロル・キング
Will You Love Me Tomorrow?/キャロル・キング
ビューティフル/キャロル・キング
Awaiting On You All/ジョージ・ハリスン
スティーム・ローラー/ジェイムズ・テイラー
ウルル/ジェシ・デイヴィス
On The Way Home/Buffalo Springfield
ラヴ・ミー・ドゥ/ビートルズ
ゲット・バック/ビートルズ
ハレルヤ・アイ・ラヴ・ユー・ソー/アニマルズ
ヤング・アメリカン/デヴィッド・ボウイ
ジェフズ・ブルース/ヤードバーズ
アイ・エイント・ガット・ユー/ヤードバーズ
アイム・ア・マン/ヤードバーズ
Turn Down Day/スケッチショウ
イフ・ユー・ニード・ミー/ローリング・ストーンズ
放蕩むすこ/ローリング・ストーンズ
むなしき愛/ローリング・ストーンズ

以前に書いたことと重複する部分もありますが、ちょっと補足的に説明。

■キャロル・キング
この人、NY出身とは思えない。ヴォーカルが素朴で、南部の田舎臭い黒人のねーちゃんっぽいんですよね。アン・セクストンとかドリス・デュークとか。だが、そこがいい。

■スティーム・ローラー/ジェイムズ・テイラー
ヴォーカルは「お前の歌は詩の朗読か?」ってくらい抑揚がないんですが、この曲には、ブリティッシュ勢がいくらコピーしても敵わない、「本場のテイスト」があります。やっぱりカントリーとブルースはどこか共通していて、それがアメリカ音楽を支えている巨大な基盤になっているんだなー、とこの曲を聴くと思う。

■ラヴ・ミー・ドゥ&ゲット・バック/ビートルズ
ビートルズ・ナンバーで黒人っぽいテイストを感じるのはこの2曲だけ。この2曲、デビューシングルとラストアルバムの最終ナンバーな訳ですが、特に深読みする意味はなさそうです。

■アニマルズ
本当に黒人音楽が好きなんでしょうねー。ヴォーカルがいいです。

■ヤードバーズ
最初はイマイチだなー、と思っていたんですが。このバンドもブルースのヒップな部分を上手く掬い取っていると思う。「ジェフズ・ブルース」はプレイ回数も多いお気に入り。

■ローリング・ストーンズ
「ヘタウマ」の代名詞みたいになってるキース・リチャーズですが、「放蕩むすこ」のプレイは神すぎる。

このプレイリストのような曲は、「あっさり目の醤油ラーメン」みたいな感じで、割と好きです。
[PR]
by tablerecords | 2005-05-31 14:26 | Black Music
<< やっぱりミックが好きです 『リメイン・イン・ライト』論争... >>



音楽について幅広く語りたいblog
by tablerecords
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
プロフィール&管理人関連リンク
ここで偉そうなこと言ってるヤツがどんな音楽をやっているのか……Table Recordsのサイトにぜひ一度訪れてみてください。

Table Records

旧音楽日記
04/2/25〜05/2/15までここで日記をつけてました。




昨日

今日

最新のトラックバック
やっぱ質は落とせないっし..
from 宇宙規模の団長
なぬーーーーー!!!!
from あぶらだ
ビー!ビー!ビー!
from 世界の師匠
うっっっほっほっっ!
from どう見てもゴリラ
これなんて錬金術??
from クリトリーズ
しゅおおぁあああ!!!!!
from さとすぃ
男だけど潮ぴゅっぴゅした..
from ゴリラーノ
金払って風 俗って(^ω^;
from いいぱんこ
ちょおおww 皮www
from けんじ
ムラムラ村!!!!
from インパクトある中年
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism