ヒップホップとヘヴィメタル
c0059851_22575370.jpg「ヒップポップのお手伝いをしているんだから、これを聴かなきゃマズイだろう」という訳で、『パブリック・エナミーII』(88年)を借りてきて聴いてます。大定盤ですが、これはイイ! バックトラックはほとんどファンクそのもので、とにかく攻撃的で熱い。初めて本気でヒップホップを良いと感じました。


c0059851_22582313.jpg話はここで飛ぶんですが、並行してジューダス・プリースト『復讐の叫び』もツタヤで借りました。iTMSで音楽を探してると、つい「懐かしメタル」を聴きたくなってしまい、プチ・メタルブームなんです。このアルバムはタイトル曲と最初の曲が素晴らしいです。熱いです。


ヒップホップ/ファンクとヘヴィメタル。この二枚のアルバムを並行して聴いていると、なぜか共通するものを感じるんですよ、僕は。

いずれも音楽スタイルのある部分に「特化」「先鋭化」し、「純化」された、進化の最終形態であるように思うから。

ヘヴィメタルは「ギターリフ」という部分に特化し、徹底的に純化された音楽。

ヒップホップ/ファンクは、「リズム」という部分に特化し、徹底的に純化された音楽。

更にそれぞれのルーツを遡ってみると、ブルース/R&Bという共通点も浮かび上がってきます。

ブルース/R&Bがイギリスに渡ってハードなブルースロックに→レッド・ツェッペリンが一挙にハードロック・スタイルを確立→更に激しいギターリフ・スタイルに純化されヘヴィメタルに。

ブルース/R&Bという土壌から、ジェイムズ・ブラウンが一挙にファンク・スタイルを確立→サンプリング手法により、更にリズムに特化したヒップホップに。

何というか、メタルとヒップホップは、ブルース/R&Bから生まれた両極端の鬼っ子のような存在だと思うんですよ。例えは非常に悪いのですが、フランス革命から始まる近代主義が、20世紀初頭にスターリニズムとファシズムという両極端でありながら相似形の政治体制を生んだ、みたいな構造を連想してしまいます。

……なんていう理屈はともかく、僕にとっては、「ガンガンに盛り上がりたい」って気分の時に、ジェイムズ・ブラウンを選ぶかレインボーを選ぶかは、意識の上ではそれほどの差はありません、ってことです。
[PR]
by tablerecords | 2005-09-18 22:59 | Black Music
<< サザンソウルの「幻の名盤」を注文 ヒップホップのRemixに挑戦 >>



音楽について幅広く語りたいblog
by tablerecords
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
プロフィール&管理人関連リンク
ここで偉そうなこと言ってるヤツがどんな音楽をやっているのか……Table Recordsのサイトにぜひ一度訪れてみてください。

Table Records

旧音楽日記
04/2/25〜05/2/15までここで日記をつけてました。




昨日

今日

最新のトラックバック
やっぱ質は落とせないっし..
from 宇宙規模の団長
なぬーーーーー!!!!
from あぶらだ
ビー!ビー!ビー!
from 世界の師匠
うっっっほっほっっ!
from どう見てもゴリラ
これなんて錬金術??
from クリトリーズ
しゅおおぁあああ!!!!!
from さとすぃ
男だけど潮ぴゅっぴゅした..
from ゴリラーノ
金払って風 俗って(^ω^;
from いいぱんこ
ちょおおww 皮www
from けんじ
ムラムラ村!!!!
from インパクトある中年
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism