ウィルソン・ピケットの思い出
ここ数週間、新しくオープンする焼きとり屋さんの開店準備のお手伝いをしていたんですが(僕はメニューと名刺のデザイン、店名ロゴのディレクションなどを担当)、いよいよオープンを翌日に控えた昨夜、関係者の慰労会および試食/試飲会が開催され、僕も参加してきました。

そこでは、店内のカウンターに置いてある、小さなトランジスタラジオがBGMになっておりまして。おそらくFENだと思うんですが、なぜかディープソウル、それもウィルソン・ピケットの曲ばかりがずっと連続でかかってるんです。「イン・ザ・ミッドナイト・アワー」「ムスタング・サリー」「634-5789」とか。「へえ、アメリカ人もまだウィルソン・ピケットなんか聴くのかあ。ゴキゲンな選曲だねえ」なんて思ってたんですが。

c0059851_0485384.jpg

c0059851_0422847.jpgで、今日起きて、二日酔いが残ったままネットをあちこちチェックしていたところ、ウィルソン・ピケットの訃報を知ったのです。昨日のFENは彼の追悼番組だったんですね。英語能力ゼロの僕には全然わからなかったよ……。

ウィルソン・ピケットといえば、僕の中では「サザン/ディープ系絶唱型シンガー」としては屈指の存在です。とにかく超強力なシャウターなので、若い頃は夢中で聴きました。最近はあまりにも過剰過ぎて敬遠気味でしたが。しかし、バラード系は今聴き返してもやはり素晴らしく、「バック・イン・ユア・アームス」「アイム・ソーリー・アバウト・ザット」あたりは、まさにディープソウル・バラードの金字塔、と言っていいと思います。

個人的にはアルバム『ウィキッド・ピケット』を一番よく聴きました。マスルショールズ録音なんですが、こじんまりした作りなのが、逆に聴きやすい。「You Left The Water Running」「Up Tight Good Woman」なんかのソウル・スタンダードを、ウィルソン・ピケット流解釈で聴けるのも楽しいアルバムです。

で、さっき「初めて聴く人にお薦めのアルバムはあるかな」と、アマゾンでベスト盤の収録曲を見てきましたが、アップテンポのナンバーに偏ってるかな〜。どれもちょっとお薦めしたくない感じですね。「バック・イン・ユア・アームス」「アイム・ソーリー・アバウト・ザット」「ピープル・メイク・ザ・ワールド」とかのバラード系の方が、今の人にはウケはいいと思うんだけどな。追悼盤が出るとしたら、この辺もしっかり収録して欲しいです。
[PR]
by tablerecords | 2006-01-24 00:44 | Black Music
<< スニーカーぶる〜す 小沢健二の新譜 >>



音楽について幅広く語りたいblog
by tablerecords
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
プロフィール&管理人関連リンク
ここで偉そうなこと言ってるヤツがどんな音楽をやっているのか……Table Recordsのサイトにぜひ一度訪れてみてください。

Table Records

旧音楽日記
04/2/25〜05/2/15までここで日記をつけてました。




昨日

今日

最新のトラックバック
やっぱ質は落とせないっし..
from 宇宙規模の団長
なぬーーーーー!!!!
from あぶらだ
ビー!ビー!ビー!
from 世界の師匠
うっっっほっほっっ!
from どう見てもゴリラ
これなんて錬金術??
from クリトリーズ
しゅおおぁあああ!!!!!
from さとすぃ
男だけど潮ぴゅっぴゅした..
from ゴリラーノ
金払って風 俗って(^ω^;
from いいぱんこ
ちょおおww 皮www
from けんじ
ムラムラ村!!!!
from インパクトある中年
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism