キンクスの1stアルバム
c0059851_10384546.jpg今さらキンクスの1stアルバムを借りてきました。

友人が最近、「キンクス・ナンバー全曲解説ブログ」を開設するという暴挙に出たことがきっかけです。今まで敬遠していた1stアルバムですが、レビューを読んでいるうちに聴きたくなりました。

こちらがそのブログです。当『全てが音楽』は、このブログを応援しています。よろしくよろしく。

さて、「キンクス・ファン初心者」を自称する僕が、これまで1stを敬遠してきたのには明確な理由があります。

それは『シングル・コレクション』で聴いたデビューシングル「ロング・トール・サリー」。

こうしてファンになった今でこそ、「ああ、レイ先生にもこんな時代があったんだなあ。しかも何か楽しそうに歌ってるし」と好意的な感想も浮かぶのですが、客観的に聴けば、どうみてもアレです。いやもう、最初に聴いた時はある意味、衝撃的でした。

「ロング・トール・サリー」を聴いた人間が、収録曲の半分以上がR&Bカヴァーなどというアルバムなんぞ聴いてやるものか、と思ったとしても、これはもう誰にも責められません。

と、前置きが長くなりましたが、一曲目の「ビューティフル・デライラ」で先入観が吹っ飛びます。メチャクチャ演奏がイカしてます。ハッキリ言って、バンドとしては同時期のストーンズより上手いです。リードギターって恐らくデイヴが弾いてるんだと思うんですが、当時17才とは思えません。キレまくりで、マジで当時のキースより上手い。友人の解説によるとドラムはセッションドラマーが叩いているらしいのですが、このリズムのキレも相当なもんです。

オリジナル曲以外は、ほとんどがツービートの「ハイヒール・スニーカー」調で、これもなかなか統一感があって聴かせます。ヒップです。むしろ超有名大ヒット名曲「ユー・リアリー・ガット・ミー」がちょっと浮いてる感すらあります。

とはいえ、今となってはこのアルバム、「『ユー・リアリー・ガット・ミー』が入っている」「当時のUKシーンの雰囲気が伝わってくる」という価値しかないかもしれません。

が、「リヴェンジ」という1分半のインストはちょっと面白い。「カッコいいビートの反復」っていうスタイル、これは60年代UKロック云々など関係なく、今の若い人に受けるような気がする。キンクスにおける「トゥモロウ・ネヴァー・ノウズ」的存在、とは言い過ぎか。
[PR]
by tablerecords | 2006-05-26 10:40 | UK Rock
<< ビリー・プレストン スネアの音 >>



音楽について幅広く語りたいblog
by tablerecords
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
プロフィール&管理人関連リンク
ここで偉そうなこと言ってるヤツがどんな音楽をやっているのか……Table Recordsのサイトにぜひ一度訪れてみてください。

Table Records

旧音楽日記
04/2/25〜05/2/15までここで日記をつけてました。




昨日

今日

最新のトラックバック
やっぱ質は落とせないっし..
from 宇宙規模の団長
なぬーーーーー!!!!
from あぶらだ
ビー!ビー!ビー!
from 世界の師匠
うっっっほっほっっ!
from どう見てもゴリラ
これなんて錬金術??
from クリトリーズ
しゅおおぁあああ!!!!!
from さとすぃ
男だけど潮ぴゅっぴゅした..
from ゴリラーノ
金払って風 俗って(^ω^;
from いいぱんこ
ちょおおww 皮www
from けんじ
ムラムラ村!!!!
from インパクトある中年
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism