コーネリアス『Sensuous』
c0059851_1133648.jpg10/25の発売当日、コーネリアスの『Sensuous』をゲットいたしました。発売日がこんなに待ち遠しかったアルバムは、K-Ci & JoJoの『X』以来かな?

さっそく聴きまくって一週間。もう、この圧倒的な安定感は衝撃とすら言えますね。僕の中で、小山田圭吾のアーティストとしての信頼度は、細野晴臣大先生に匹敵するくらいにまで高まりました。これからは小山田先生と呼ばせていただきます。

前作の『Point』との比較でいうと、「快楽サウンド路線」には変わりないんですが、『Point』のサウンドは音数が少なくてシンプルで、イメージ的には水墨画っぽい感じだったのが、今回ではもっとカラフルになって(デジタルシンセっぽい音の多用とか)、パステル画っぽい感じ。

ビートルズに例えるとすれば、『Point』のサウンドの統一感は『リヴォルヴァー』っぽくて、今回の『Sensuous』のカラフルさは『マジカル・ミステリー・ツアー』みたいな感じかな。余計分かりにくいですか、すみません。まあ、それはともかく、ホントに「ポップアート」っていう表現がピッタリの音楽です。

個人的に小山田先生って凄いな、と思ったのは、今回のは『Point』よりもサウンドがさらに分かりやすく、ポップになってるんですよ。パンニングとか大げさ過ぎるくらいで、とても分かりやすいし。普通『Point』みたいな大傑作を作っちゃったら、難解で自己満足的なサウンドで新作出したとしても、「やはりコーネリアスは凄い」って評価になると思うんですよね。だけど今回は、例えば「ガム」って曲なんか、そこら辺の女子中学生に聴かせても「えー何コレ、チョー面白くない?」とか言うだろうな、ってくらいポップです。

やっぱ小山田先生は、根っからの大衆音楽家なんだなあ、と思います。本気で尊敬します。

-------

8月以来更新が途絶えておりましたが、音楽日記的なブログを始めてから2年半、こんなに音楽に対するモチベーションが落ちたのは初めてでした。っていうか自転車にハマリ過ぎてました。何聴いても「この曲、いいね」「この曲は、いまいちだね」とかそんな感想しか持てなくて、とてもじゃないけど、わざわざブログで書くような発見がなくて。

そんな状態でも、これだけの刺激を与えてくれたコーネリアスの新譜って本当に凄いなと、改めて思いました。
[PR]
by tablerecords | 2006-10-31 11:07 | エレクトロニカ
<< きれいな曲 初めてのクラシックコンサート >>



音楽について幅広く語りたいblog
by tablerecords
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
プロフィール&管理人関連リンク
ここで偉そうなこと言ってるヤツがどんな音楽をやっているのか……Table Recordsのサイトにぜひ一度訪れてみてください。

Table Records

旧音楽日記
04/2/25〜05/2/15までここで日記をつけてました。




昨日

今日

最新のトラックバック
やっぱ質は落とせないっし..
from 宇宙規模の団長
なぬーーーーー!!!!
from あぶらだ
ビー!ビー!ビー!
from 世界の師匠
うっっっほっほっっ!
from どう見てもゴリラ
これなんて錬金術??
from クリトリーズ
しゅおおぁあああ!!!!!
from さとすぃ
男だけど潮ぴゅっぴゅした..
from ゴリラーノ
金払って風 俗って(^ω^;
from いいぱんこ
ちょおおww 皮www
from けんじ
ムラムラ村!!!!
from インパクトある中年
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism