あらためて、JBについて考えること
2ちゃんねるのR&B板のJBスレッドに、このような書き込みがありました。

>JBが死ぬとか普通ありえねえだろ!!!!!

すごく、わかる。訃報に接した時の僕の心のセリフはまさにコレでした。多くのソウル・ファンもそんな感じだったんじゃないかな、と思います。

さて、JBの凄さって音楽的にはもう語り尽くされていると思うし、僕も音楽が凄いから好きなんだけど、もう一つ別の側面でも、僕はJBを尊敬してるんですよね。それはやっぱエネルギッシュさとクレバーさを併せ持ってる、自分で自分をプロデュースする能力を持っている、というところ、なんですけど。

c0059851_1281452.jpgそれを象徴するのが、有名なライヴ盤『ライヴ・アット・ジ・アポロ』制作時のエピソード。制作にあたっては、JB自らが「俺のライヴ盤を出しましょう」とレコード会社に提案するのですが、社長は拒否。そこでJBは、レコーディングの費用をJB自身が負担することで社長を説得。しかも、ライヴ会場のアポロ・シアターの出演料に納得せず、この日はJBが個人でシアターを借り切るという異例の形を取り、受付の服装まですべてをJB自らが仕切ったそうです。結果はご存じのように大ヒット&歴史に残る名盤に。やっぱJBってのは人間としても凄いや、と思います。

あと、もう一つ、僕自身がJBに勇気づけられたことがあって、それは何かというと、JBが自身の代表曲となる「セックス・マシーン」を発表したのは、計算すると37歳の時なんですよ。33年生まれで70年の作品ですから。んで、70年代前半には第二の黄金期を迎えます。今ではこの頃の評価が一番高いんじゃないかな。名曲「ペイ・バック」が73年、JB40歳の時だし。

んで自分の話で申し訳ないんですが、僕が30代後半に差しかかった頃、仕事としてグラフィックデザインに挑戦しようと思ったんです。「でもなー35歳とかで新しいこと始めるとか有り得んの?」とか自問自答してたんですけど、結局「あのな、JBが『セックス・マシーン』を創ったのが37歳だぞ、ぜんぜん遅くねえって」と自分を納得させ、今に至っております。もう僕は、JBにはあらゆる面で頭が上がらないのです。

「ファンクの創始者」として万人から評価されるJB。しかし、若年層からの支持が欠かせない音楽界において、40歳前後で最高のキャリアを築き上げた「中年の星」という側面もあるのです! 何だか勇気が湧いてきませんか。

という訳で、 改めましてミスター・ブラウンのご冥福をお祈りいたします。
[PR]
by tablerecords | 2006-12-30 01:29 | Black Music
<< 2006年プレイ回数ベスト20... ジェイムズ・ブラウン死去 >>



音楽について幅広く語りたいblog
by tablerecords
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
プロフィール&管理人関連リンク
ここで偉そうなこと言ってるヤツがどんな音楽をやっているのか……Table Recordsのサイトにぜひ一度訪れてみてください。

Table Records

旧音楽日記
04/2/25〜05/2/15までここで日記をつけてました。




昨日

今日

最新のトラックバック
やっぱ質は落とせないっし..
from 宇宙規模の団長
なぬーーーーー!!!!
from あぶらだ
ビー!ビー!ビー!
from 世界の師匠
うっっっほっほっっ!
from どう見てもゴリラ
これなんて錬金術??
from クリトリーズ
しゅおおぁあああ!!!!!
from さとすぃ
男だけど潮ぴゅっぴゅした..
from ゴリラーノ
金払って風 俗って(^ω^;
from いいぱんこ
ちょおおww 皮www
from けんじ
ムラムラ村!!!!
from インパクトある中年
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism