オリジナル音源至上主義
c0059851_16391270.jpg前回のエントリーで、

>基本的に僕は未発表曲の類には興味がないんです。
>アーティストの意志で発表した音源こそが全てだと思っているので。

とか書いてしまったんですが、ちょっと補足です。

これは理由が二つあって、一つは自分の経験則として、今まで「いいなあと思った未発表曲」「オリジナル音源を超えるアウトテイク」を、ほとんど聴いたことがない、というもの。だから、ブートとかまるで興味が無くて(唯一の例外がプリンスのライヴ盤。これだけは「この人は絶対ライヴ盤は出さんだろうな」と思って買いました)。

もう一つは「決定稿(オリジナル音源)至上主義」って感じですかね。作品制作時に、アーティスト及びスタッフが「これで世に出そう」と下した判断が、とりあえずは一番正しいと思っていいんじゃないのかな、という。特にポップミュージックの場合、作品とその時代状況の関係を考えるのも面白味の一つ、だと思うので。

例えば、ビートルズで言うと『レット・イット・ビー...ネイキッド』。これはまあ、アーティスト本人たるポールの意志は反映されているのでしょうが、僕には『レット・イット・ビー...2003年リミックス』としか思えないんですよね、キックの音とか「アクロス・ザ・ユニバース」のリヴァーブとか聴くと。やはり時代性を含めた作品の価値は、フィル・スペクターのプロデュースした『レット・イット・ビー』という「決定稿」には敵わない、というのが僕の個人的な感想でした。

しかし。このCD円熟期のリマスター時代にあっては、「いったい何が決定稿なのよ?」という壁にブチ当たったりもします。またまたビートルズで言うと、正規盤だとアルバム『ヘルプ!』以降はステレオ・ミックスで発売されている訳ですけど、「オリジナルUK盤のモノラル・ミックスこそが本当のビートルズ・サウンド」とかいう評論家がいたり(ホントなんですか?)、「ステレオver.のミックスダウン時、メンバーはあまり立ち会わなかった」みたいな証言もどっかで読みましたし……。

そんな訳で、「『LOVE』とか作ってるヒマがあったら、早くUK原盤に忠実なモノラル・ミックスのリマスター出せよアップル!」とか思っていたりして、こうなるとブートを熱心に探している人とは単にベクトルが異なるだけで、「コレクター体質」という点では、まったく同類かと思います(笑)。
[PR]
by tablerecords | 2007-05-01 16:39 | others
<< TOTO 「リアル・ラヴ」のデモを聴く >>



音楽について幅広く語りたいblog
by tablerecords
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
プロフィール&管理人関連リンク
ここで偉そうなこと言ってるヤツがどんな音楽をやっているのか……Table Recordsのサイトにぜひ一度訪れてみてください。

Table Records

旧音楽日記
04/2/25〜05/2/15までここで日記をつけてました。




昨日

今日

最新のトラックバック
やっぱ質は落とせないっし..
from 宇宙規模の団長
なぬーーーーー!!!!
from あぶらだ
ビー!ビー!ビー!
from 世界の師匠
うっっっほっほっっ!
from どう見てもゴリラ
これなんて錬金術??
from クリトリーズ
しゅおおぁあああ!!!!!
from さとすぃ
男だけど潮ぴゅっぴゅした..
from ゴリラーノ
金払って風 俗って(^ω^;
from いいぱんこ
ちょおおww 皮www
from けんじ
ムラムラ村!!!!
from インパクトある中年
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism