ベイビーフェイス『プレイリスト』
c0059851_1753337.jpg前回のR&Bについてのエントリーを書いた後、ベイビーフェイスの最近の動向をネットで調べていると、つい最近、カヴァーアルバム『プレイリスト』を出したという情報を入手。「どんな曲をカヴァーしているのかな?」と、さっそくアマゾンで曲目をチェック、1曲目と2曲目を見て「あ゛ーっ!!!」と声が出そうになりました。

1曲目「愛の恵みを(シャワー・ザ・ピープル)」
2曲目「ファイア・アンド・レイン」

どちらも70年代に活躍した白人のシンガーソングライター、ジェイムズ・テイラーの作品です。先ほどの驚きは、「何で今まで俺は、ジェイムズ・テイラーとベイビーフェイスの共通点に気付かなかったんだろう?!」という悔しさが半分以上含まれています。

僕はベイビーフェイスの黒人にしては抑制的なヴォーカルがとても好きで、非常に心地よく感じるのですが、その心地よさはジェイムズ・テイラーと同質のものなんですよね。

大体、あの「When Can I See You」なんかジェイムズ・テイラーの影響なしでは有り得ないサウンドだし、96年のソロアルバム『ザ・デイ』はとても私的な内容で、それもシンガーソングライター的なビヘイビアであったのだなあ、と。本当になんで気付かなかったんだろう。

で、この2曲が入っている、というだけで購入決定。レンタル解禁の1年後まで待てません。何と今年初めて買ったCDです(今は基本的に全部レンタルで済ませてます。一度リッピングしたらもうCDは用済みですから)。

他にもクラプトンの「ワンダフル・トゥナイト」とかディランの「天国への扉」とかも入ってるんですが、さっそく聴いてみるとですね……もう、発狂しそうなくらい素晴らしいです。特に、「ファイア・アンド・レイン」のヴォーカルはベイビーフェイス節が炸裂した絶品。

全編アコギ弾き語り+アルファという感じなので、全てのR&Bファンにお薦めできる訳ではありませんが、全編「When Can I See You」に近いサウンドですから、ベイビーフェイスのファン、という方には強く推奨できる内容です。

これを聴いていると、もう音楽が「黒い」とか「白い」とかいうのが、心底どうでもよくなります。ただもう、アメリカのポピュラー音楽の懐の深さを感じるばかりです。
[PR]
by tablerecords | 2007-10-30 17:07 | Black Music
<< K-Ci & JoJoの新譜 R&Bの死 >>



音楽について幅広く語りたいblog
by tablerecords
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
プロフィール&管理人関連リンク
ここで偉そうなこと言ってるヤツがどんな音楽をやっているのか……Table Recordsのサイトにぜひ一度訪れてみてください。

Table Records

旧音楽日記
04/2/25〜05/2/15までここで日記をつけてました。




昨日

今日

最新のトラックバック
やっぱ質は落とせないっし..
from 宇宙規模の団長
なぬーーーーー!!!!
from あぶらだ
ビー!ビー!ビー!
from 世界の師匠
うっっっほっほっっ!
from どう見てもゴリラ
これなんて錬金術??
from クリトリーズ
しゅおおぁあああ!!!!!
from さとすぃ
男だけど潮ぴゅっぴゅした..
from ゴリラーノ
金払って風 俗って(^ω^;
from いいぱんこ
ちょおおww 皮www
from けんじ
ムラムラ村!!!!
from インパクトある中年
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism