<   2006年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧
ウィルソン・ピケットの思い出
ここ数週間、新しくオープンする焼きとり屋さんの開店準備のお手伝いをしていたんですが(僕はメニューと名刺のデザイン、店名ロゴのディレクションなどを担当)、いよいよオープンを翌日に控えた昨夜、関係者の慰労会および試食/試飲会が開催され、僕も参加してきました。

そこでは、店内のカウンターに置いてある、小さなトランジスタラジオがBGMになっておりまして。おそらくFENだと思うんですが、なぜかディープソウル、それもウィルソン・ピケットの曲ばかりがずっと連続でかかってるんです。「イン・ザ・ミッドナイト・アワー」「ムスタング・サリー」「634-5789」とか。「へえ、アメリカ人もまだウィルソン・ピケットなんか聴くのかあ。ゴキゲンな選曲だねえ」なんて思ってたんですが。

c0059851_0485384.jpg

c0059851_0422847.jpgで、今日起きて、二日酔いが残ったままネットをあちこちチェックしていたところ、ウィルソン・ピケットの訃報を知ったのです。昨日のFENは彼の追悼番組だったんですね。英語能力ゼロの僕には全然わからなかったよ……。

ウィルソン・ピケットといえば、僕の中では「サザン/ディープ系絶唱型シンガー」としては屈指の存在です。とにかく超強力なシャウターなので、若い頃は夢中で聴きました。最近はあまりにも過剰過ぎて敬遠気味でしたが。しかし、バラード系は今聴き返してもやはり素晴らしく、「バック・イン・ユア・アームス」「アイム・ソーリー・アバウト・ザット」あたりは、まさにディープソウル・バラードの金字塔、と言っていいと思います。

個人的にはアルバム『ウィキッド・ピケット』を一番よく聴きました。マスルショールズ録音なんですが、こじんまりした作りなのが、逆に聴きやすい。「You Left The Water Running」「Up Tight Good Woman」なんかのソウル・スタンダードを、ウィルソン・ピケット流解釈で聴けるのも楽しいアルバムです。

で、さっき「初めて聴く人にお薦めのアルバムはあるかな」と、アマゾンでベスト盤の収録曲を見てきましたが、アップテンポのナンバーに偏ってるかな〜。どれもちょっとお薦めしたくない感じですね。「バック・イン・ユア・アームス」「アイム・ソーリー・アバウト・ザット」「ピープル・メイク・ザ・ワールド」とかのバラード系の方が、今の人にはウケはいいと思うんだけどな。追悼盤が出るとしたら、この辺もしっかり収録して欲しいです。
[PR]
by tablerecords | 2006-01-24 00:44 | Black Music
小沢健二の新譜
c0059851_1937236.jpg小沢健二が新しいアルバムを出すそうです(3/8発売予定)。僕はかなり注目しています。「この人、今度はどんな音だすのかな?」っていうウォッチャー感覚ですが。

webのニュースによると新譜は「全曲ヴォーカルレス」だそうですね。という訳で、ちょっと僕の「大胆サウンド予想!」を書いてみようかと思います。

まず、小沢健二という人は、ライバルの小山田圭吾のようにサウンドに凝るタイプのミュージシャンではなく、「歌詞とメロディ先行のシンガー・ソングライター」だと僕は捉えています。大晦日に、「ジョンもポールもサウンド(楽器の音色)に無頓着」って書きましたけど、それと同じ意味です。表現の核が、まず歌詞とメロディにある人だと思う。

で、僕のこの「オザケン観」が正しいとすると、サウンド(音の質感)勝負のエレクトロニカとかテクノとかでは有り得ないと思うんです。オザケンってリズム主義でもないし。『犬』も『Life』も全曲ギター弾き語りできちゃうくらい、リズム依存度が低いし。

という訳で、僕の予想によると、ヴォーカルレスだとしても、ソロ楽器(おそらくギター)による主旋律を中心に構成された楽曲になると思う。そこで……

■「大胆予測 その1」
前作『エクレクティック』のR&B系のリズム強調路線をそのまま継続するとすれば、フュージョン(死語?)、あるいはジャズっぽい感じ。

■「大胆予測 その2」
逆にリズムに依存しないとすれば、全編アコギ中心で構成されたボサノヴァっぽい感じ。あるいはフリッパーズギターの1stのインスト&ドラムレス版みたいな感じ。

いずれにしろ、ラテン的、ジャズ的な要素を感じさせるアルバムになるんじゃないかなあ、と予測します。
[PR]
by tablerecords | 2006-01-14 19:40 | J-POP
パソコン導入10周年
c0059851_18544281.jpgパソコンを導入したのは、ちょうど10年前の正月でした。1996年です。最初っからwin機は視野に入って無くて、Macのパフォーマ6210というのを買いました。当時はまだmacのシェアは2〜3割くらいあったので、今ほどマイナー感はなかったんですよね。

スペックはCPU=66MHz、メモリ=16MB、HDD=500MBってとこです。インターネットはまだ日本語サイトなんか全然無くて、「ネット接続者の50%は最初に『www.playboy.com』にアクセスする」とか言われてた状況。僕はといえば、ニフティサーブの会員になって、ブラックミュージックのフォーラムをROMるくらいのものでした。それでも96年、ジョニー・ギター・ワトソンが来日公演のステージ上で倒れてそのまま死去した事件を、そのライヴを見ていた人たちの詳細な書き込みで知ったのは忘れられません。マスコミを通さない一次情報でニュースを知った最初の出来事でした。

その他の使い道と言えば、もっぱらCD-ROMというメディアの再生マシンでした。「The 野球拳」というソフトを買いましてね。グーチョキパーをクリックして画面の女の子とジャンケン対決、勝てば女の子が一枚づつ服を脱いでいく、というそのままズバリの内容で、僕は「これがインタラクティヴ(双方向性)というヤツかあ!!!」といたく感激したものです。少なくともストーンズの『ヴードゥーラウンジ』ってCD-ROMソフトの10倍はプレイしました。

そんな訳なので、パソコンを立ち上げるのは週に2、3回。音楽用途なんて考えられませんでした。だってHDDは500MB。5分のオーディオファイルはCDクオリティだと40MBくらいですが、そんなのを扱える状況ではなかったんです。mp3みたいな音声圧縮方式も、全然メジャーな存在ではなかったし。

それから10年。使用マシンは、PowerMacG4/CPU=1.25GHz/メモリ=832MB/HDD=120GB×2。このマシン一台で、友人とeメールでテキストや画像をやりとりしたり、ネットから100MB単位の動画を落として見たり、内蔵DVDドライヴでDVDを見たり、音楽をHDD内に入っているmp3ファイルで聴いたり、デジカメで撮影した画像や動画を閲覧したり、自作曲を24bit/48kHzというCD以上の音質で24トラックの多重録音したりしています。僕はTVチューナーを付けていませんが、これを導入すれば、テレビの録画もできますね。

何が言いたいかというと、今こそパソコンは堂々と「マルチメディア」と呼べる存在になったと思う訳ですよ。94〜95年くらいに大流行した「マルチメディア」という言葉。CD-ROMをプレイするくらいが関の山だった「マルチメディア」。ようやくパソコンを言い表すのにピッタリな概念になったというのに、「マルチメディア」は10年前には完全に死語になっており、すでに恥ずかしくて口にできる言葉ではなくなりました。当時の業界人たちよ、先走り過ぎにも程がある!と、一言申し上げたい。

……などと、初めてパソコンを導入した10年前を振り返ってみました。
[PR]
by tablerecords | 2006-01-09 18:59 | others



音楽について幅広く語りたいblog
by tablerecords
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
プロフィール&管理人関連リンク
ここで偉そうなこと言ってるヤツがどんな音楽をやっているのか……Table Recordsのサイトにぜひ一度訪れてみてください。

Table Records

旧音楽日記
04/2/25〜05/2/15までここで日記をつけてました。




昨日

今日

最新のトラックバック
やっぱ質は落とせないっし..
from 宇宙規模の団長
なぬーーーーー!!!!
from あぶらだ
ビー!ビー!ビー!
from 世界の師匠
うっっっほっほっっ!
from どう見てもゴリラ
これなんて錬金術??
from クリトリーズ
しゅおおぁあああ!!!!!
from さとすぃ
男だけど潮ぴゅっぴゅした..
from ゴリラーノ
金払って風 俗って(^ω^;
from いいぱんこ
ちょおおww 皮www
from けんじ
ムラムラ村!!!!
from インパクトある中年
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism