<   2007年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧
ベイビーフェイス『プレイリスト』
c0059851_1753337.jpg前回のR&Bについてのエントリーを書いた後、ベイビーフェイスの最近の動向をネットで調べていると、つい最近、カヴァーアルバム『プレイリスト』を出したという情報を入手。「どんな曲をカヴァーしているのかな?」と、さっそくアマゾンで曲目をチェック、1曲目と2曲目を見て「あ゛ーっ!!!」と声が出そうになりました。

1曲目「愛の恵みを(シャワー・ザ・ピープル)」
2曲目「ファイア・アンド・レイン」

どちらも70年代に活躍した白人のシンガーソングライター、ジェイムズ・テイラーの作品です。先ほどの驚きは、「何で今まで俺は、ジェイムズ・テイラーとベイビーフェイスの共通点に気付かなかったんだろう?!」という悔しさが半分以上含まれています。

僕はベイビーフェイスの黒人にしては抑制的なヴォーカルがとても好きで、非常に心地よく感じるのですが、その心地よさはジェイムズ・テイラーと同質のものなんですよね。

大体、あの「When Can I See You」なんかジェイムズ・テイラーの影響なしでは有り得ないサウンドだし、96年のソロアルバム『ザ・デイ』はとても私的な内容で、それもシンガーソングライター的なビヘイビアであったのだなあ、と。本当になんで気付かなかったんだろう。

で、この2曲が入っている、というだけで購入決定。レンタル解禁の1年後まで待てません。何と今年初めて買ったCDです(今は基本的に全部レンタルで済ませてます。一度リッピングしたらもうCDは用済みですから)。

他にもクラプトンの「ワンダフル・トゥナイト」とかディランの「天国への扉」とかも入ってるんですが、さっそく聴いてみるとですね……もう、発狂しそうなくらい素晴らしいです。特に、「ファイア・アンド・レイン」のヴォーカルはベイビーフェイス節が炸裂した絶品。

全編アコギ弾き語り+アルファという感じなので、全てのR&Bファンにお薦めできる訳ではありませんが、全編「When Can I See You」に近いサウンドですから、ベイビーフェイスのファン、という方には強く推奨できる内容です。

これを聴いていると、もう音楽が「黒い」とか「白い」とかいうのが、心底どうでもよくなります。ただもう、アメリカのポピュラー音楽の懐の深さを感じるばかりです。
[PR]
by tablerecords | 2007-10-30 17:07 | Black Music
R&Bの死
c0059851_152649.jpg80年代の終わり頃『リズム&ブルースの死(著:ネルソン・ジョージ)』という本が出版されました。60年代のソウルミュージック(モータウンやスタックス)の隆盛を描いた作品で、60'sソウルを讃えた後に著者は「黒人の社会的地位が上昇するのと反比例して黒人音楽がつまらなくなる」と嘆きます。本のタイトルはその嘆きを表したものです。僕も当時ふんふんと頷きながら読んでました。

ところが。著者の予言は完全に外れます。

R&Bは死ぬどころかその直後の90年代、奇跡の黄金期を迎えました。少なくとも僕はそう思う。テディ・ライリーのニュージャック・スウィング〜メアリーJ・ブライジのヒップホップ・ソウル〜ジョデシィ、ボーイズIIメンらの男性コーラスグループの大流行……。

特に、ヒップホップとヴォーカルものが明確に分化し、打ち込み手法が完全に黒人ミュージシャンの血肉と化した90年代後半〜00年くらいまでのR&Bは、本当に何を買っても外れなし状態でした。今、その頃のR&Bがちょっとしたマイブームです。

しかし。

今のR&Bは勢いが無いような印象を受けます……。って僕は03年以降すっかりR&Bから遠ざかっているのですが、最近加入したスカパーの音楽チャンネルでヒットチャートを眺めていると、R&BテイストのJ-POPがほとんど目立たないんですよね。90年代のJ-POPなんてSPEEDをはじめ、R&B風アレンジが溢れていたのに。

スペースシャワーに加入した5月頃にプッシュされていたリア・ディゾンの「恋しよう♪」って曲が僕は好きで、iTSで買っちゃったくらいなんですが、この曲がR&Bぽくてなかなか良く出来ているんです。全盛期の宇多田ヒカルっぽくて、当時彼女の曲として発表していたら余裕でミリオン売れてただろうなって感じですが、残念ながらやはり時流と若干ズレているのか、あまり話題になりませんでしたね。

また、一年前、大好きなシンガーであるK-Ciのソロアルバムを購入したのですが、これには正直「停滞感」を感じてしまい、寂しくなりました。ある意味、王道なんだけれど、良くも悪くも96〜8年くらいのままで止まっている、というか。「最近のR&Bは、大体こんな感じなのかな」と、ツタヤに入ってもR&Bに触手が伸びないこの頃です。

という訳で、J-POPシーンと、この一枚をもって「R&Bの停滞」を語る危険は承知しておりますが、それでも、ブラックミュージックはこの先、何か驚くような新しい手法を持ち込んで、シーンを引っかき回すことになると思う。今までのポップミュージックの歴史を振り返ると、そういうことになる、はず。

(すみません、リア・ディゾンのことを書くはずが、いつの間にかここまで風呂敷が広がってしまいました……)
[PR]
by tablerecords | 2007-10-19 01:07 | Black Music
ビートルズ ライヴ - 1994
この前、2ちゃんねるでこんなのを見つけました。

The Beatles (LIVE-1994)
c0059851_5463834.jpg


フリー・アズ・ア・バード
http://jp.youtube.com/watch?v=X_YQ9ROp4lE


リアル・ラヴ
http://jp.youtube.com/watch?v=DJo_YEbiBv8


もちろん映像コラージュの仮想ライヴ。素面で見た時は大丈夫でしたが、夜中に飲みながら見てたら、目から汗が止まらなくて困りました。
[PR]
by tablerecords | 2007-10-12 04:50 | UK Rock
ビートリー
ちょっと更新が途絶えていた間、ヘヴィロテだったのは、ビートリーな(ビートルズっぽい)雰囲気の次の2曲。

-------------------------

c0059851_15362037.jpg■ジュビリー/くるり
この夏に出たアルバム『ワルツを踊れ』からシングルカットされた曲。最近、ツール・ド・フランスを見るためにスカパーに加入したのですが、音楽チャンネルでヘヴィロテだったこの曲にグッと惹かれて、ツタヤに並ぶと同時にレンタル。

いやー、この「ジュビリー」、5年に1曲に出るか出ないかってくらいの大名曲ですね。美メロに被さったオーケストラ、非ダンス系&いい感じで遊んでるドラム、アウトロのサイケさ……僕が考える「ビートリー」という概念を具体化したような曲です。ビートルズ・ファンにはマジおすすめ。

c0059851_15363622.jpg■Komm,susser Tod(甘き死よ来たれ)/ARIANNE
97年の劇場版『エヴァンゲリオン』のエンディングテーマらしいのですが、僕にとっては、2ちゃんねる閉鎖の危機をUNIX板の人々が救った事件を描いた感動的なフラッシュのBGMといった方がピンときます。最近、ようやくiTSで見つけて買えました。

これはネット上では良く「『ヘイ・ジュード』に似てる」というレビューを見かけますが、どうなんでしょうか。

僕はこの曲の2年前に発表された「フリー・アズ・ア・バード」の影響が大きいのではないか、と思いましたね。楽曲自体は全然似てませんけど。スネアの音色が異様に似てます。97年という、スネアの音質/音量が最も軽かった時期に、この重いスネア。これは完全に「フリー・アズ・ア・バード」を意識していると思う。あと、時折入るスライドギターっぽい音色も。

-------------------------

「ビートリー」って言葉、僕は何気に使っちゃいますけど、微妙ですね。先ほど「ジュビリー」の時に書いたように、僕がビートリーだと思う曲ってのは、

■ドラムがダンスミュージック寄りではない
■タムとスネアの回し方/遊び方がリンゴっぽい
■三声以上のコーラスワーク
■ロックな楽曲にオーケストラがサイケ的に上手くかぶさっている

……という感じなのですが、こういう定義だと、むしろ「オアシスっぽい」と言った方が早いかもしれない、という逆転現象が起こってますね。

そういう観点から、ビートルズの中で最もビートリーな曲だと思うのは(オーケストラは入ってないけれど)、「レイン」です。
[PR]
by tablerecords | 2007-10-05 15:37 | J-POP



音楽について幅広く語りたいblog
by tablerecords
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
プロフィール&管理人関連リンク
ここで偉そうなこと言ってるヤツがどんな音楽をやっているのか……Table Recordsのサイトにぜひ一度訪れてみてください。

Table Records

旧音楽日記
04/2/25〜05/2/15までここで日記をつけてました。




昨日

今日

最新のトラックバック
やっぱ質は落とせないっし..
from 宇宙規模の団長
なぬーーーーー!!!!
from あぶらだ
ビー!ビー!ビー!
from 世界の師匠
うっっっほっほっっ!
from どう見てもゴリラ
これなんて錬金術??
from クリトリーズ
しゅおおぁあああ!!!!!
from さとすぃ
男だけど潮ぴゅっぴゅした..
from ゴリラーノ
金払って風 俗って(^ω^;
from いいぱんこ
ちょおおww 皮www
from けんじ
ムラムラ村!!!!
from インパクトある中年
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism